NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。

JTCO日本伝統文化振興機構
日本語 | English
JTCO: Japanese Traditional Culture Promotion & Development Organaization
お香講座


香りに出会う

香りに出会う

雑誌『自分時間』掲載:「香りに出会う、人に出会う、和の心」

香道という言葉は知っているけれども、一体どういうものなのか。
体験したいと思うが、その機会もないし、
それになにか格式張っているようで少々気後れする。
しかし、香しい人にもなってみたい。
そういった人のための“深香如意(しんこうにょい)”。
深く香りに聞いて意のままに生きよう。
そう思えばもうあなたは“香りの冒険者”です。

私は、「どうもあなたはむいている」との一言で香炉を持つようになりました。
香しい男にでもなりたいと思ったのかもしれません。
最初は右も左もわからぬ道、かえってそのことがよかったようです。
すべてが新鮮なのです。

ある朝、目覚めて天上を見つめ考えました。
なぜ鼻は顔の真ん中にあるのか。
耳の位置にあってもいいし、肩にあってもいいのじゃないか。
考えること数日、判明しました。

嗅覚は五感のアンテナなのです。
身体の内と外は呼吸でつながっています。
危険なものが入ってくるやいなや匂いでわかるのです。
すぐさま、五感をたたき起こし、危険から回避します。
また、安全で、えもいわれぬ良き香りは五感を喜ばせ、
脳の細胞を活性化します。
それも、ゼロ・コンマ2、3秒の速さだといいます。

最近なにか憂鬱だ。
世の中暗いなあ、と思うようになったら、要チエックです。
毎日香りで自分の健康度を点検する人がいます。
よく香りが判別できたら健康、よく判別できなかったらどこか弱っている。

香道ではこの香りを判断することを“香りに聞く”といいます。
ここが重要です。
嗅ぐのではなく“聞く”。
「を」ではなく「に」なのです。
「聞香(もんこう)」という作法の誕生です。

大いなる自然の恵みである香木の香りに融けあうには、
「に」の精神が大切なのです。

初心者の頃、香の先輩に尋ねたました。
『聞香』というのは、と。
「私も若い頃、お尋ねしたの、先代の家元に」
そのとき、目は潤みはじめていました。
「おやさしかったわ」
遠いところを見つめるように「そう、香りに聞くのだよ、とおっしゃったの」。
その時、なにかが胸の奥ではじけました。
言葉では伝えきれないものがある。それがそのことだと。
先輩の声の抑揚、表情から、トータルに伝わってくるもの、泪とともに。

直感したのです。
大切なのは受け入れるという心だ、すべてを。
自我を捨て無垢の心で、“香りに聞いていく”。
そうしなければ、大切なものは聞こえてこないのだと。

今、仲間たちと物語る香り、“聞香・心の旅”を楽しんでいます。
「源氏物語」や「平家物語」、「西行」、「芭蕉」などを香りに聞く。
「星の王子さま」も。
男性陣に圧倒的に人気なのは「信長・夢幻香」です。
しかし、「源氏物語」もまんざらではないようです。
「もっと早く知っていたらなあ、源氏を」
「どうしてですか?」
「いやぁ、結婚生活がもっとうまくいっていただろうになぁ」。

先人たちは多くのことを残してくれました。
それは豊かな遺産です。
どう生かすかは、私たち次第。
真実を心に持ち、とりよく生きよう。
かの名探偵シャーロック・ホームズはいいました。
「優秀な探偵には、少なくとも75種の香りの知識が必要である」と。
彼は香りの知識で犯人を見つけだしましたが、
私たちは香りによって何を見いだすでしょうか。


小原流『挿花』に掲載された原稿からすこし手を加えました。

“この幽玄なるもの・香りの日々”

シャーロック・ホームズ曰く「優秀な探偵には、少なくとも 75種の香りの知識が必要である」と。
彼を香道の席に招待すればすべての香を聞き分けるのでしょうか。
香木がもつ優しく幽玄な香りは、自然の大いなる恵み、心の癒しです。
彼ならきっと香道を好きになるだろう、などと考えながら銀座通りを横切り写真展の会場へ。

ヒマラヤの麓、ムスタン王国を取材した写真展。
知人の写真家が香の焚かれた会場に、 数珠を身につけて立っていました。
「ムスタンでの最初の朝、目覚めると目の前で煙が濛々(もうもう)としていてね。
火事かと思って飛び起きたよ。それが香を焚いていたんだ。 
ムスタンで は、一日が、香で清め、祈る事から始まるんだね」。

人の生のあるところ“香り”在りです。
仏教原点の地・ヒマラヤの麓に香あらば、日本にも仏教と共に 香が伝来。
聖徳太子は淡路島に漂着したという“香る木:沈香木”の香りで 瞑想し、“和による救い”を願っておられたにちがいありません。
鑑真和上がお伝えになった練香も、華麗な薫物(たきもの)として 紫式部は楽しんでいたことでしょう。
源氏物語は「大殿のあたりのいひしらず匂い満ちて、人の御心地 いと艶なり」と空薫(そただき)の心を伝えています。
衣服に移香、 部屋に空薫、男女の恋の場面に香が登場するようになったのはこの頃です。

幽玄なる一木の沈香を愛するのは武士たちの時代。
バサラ大名・佐々木道誉は名香を集め、足利義政が続きます。
三條西実隆と志野宗信は名香の芳香と和歌を結び付け、香道に至ります。
これこそ、香を愛する者の究極の情熱、聞香(もんこう)の始まり です。
心の道、精神の極み。一息一息、心を静め、香りに命を照らして聞くのですから。

1574年3月、織田信長はお供の御馬廻のまえで、正倉院に伝わる名香木“蘭奢待(らんじゃたい)”を、一寸八分切り取ります。この剛毅な男も馬尾蚊足(ばびぶんそく)の小さく細く割った香木で香に聞きいっていたのでしょうか。
その時、宗易:千利休も同席していたかも知れません。
利休を慕った芭蕉は『野ざらし紀行』の一節に記します。

  蘭の香や蝶のつばさに薫物す

江戸時代には香は広く親しまれ、庶民の間にも香のたしなみがゆきわたったそうです。
春が近づいたことを野に咲く花の芳香で気づいたという古人たち。
現代は香りを生かし、快適な環境づくりを目指すアロマコロジー が注目されています。
いつの時代にも、自然を大切にする心を失わず、香りに満ちた豊かな日々を送りたいものです。
             
  先日、香道をたしなむ友人が、はじめて香元をつとめるというので出かけてみました。
愛らしいお手前で、微笑ましく、香も豊かに香っておりました。
少女の頃、よく遊んだ夏の草原、その夕暮れの思い出を三種の香木で表現したかったそうです。
正客からは「今年一番のいい思い出になりました」とお褒めの言 葉がありました。 
今日も彼女の部屋には素敵な香りが漂っている事でしょう。

香りに出会う

メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook