JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品京都府

京都府
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 水引工芸

主要製造地域:京都府




《特徴》
水引とは、和紙を2cm幅くらいの細さに切ったものに、紙よりを掛けてのりで固めた上に、染料で色を付けたり、紙を巻いたり、糸を巻いたものです。今日では糸を巻きつけたものが主流であり、約400種ほどあるといいます。

水引の細工には、金封などに使われる平かざりと、結納飾など祝いごとで使用される豪華な立体かざりがあります。
さまざまな種類があり、以下に何点かご紹介します。

《水引の種類》

金赤水引
水引の中で一番ランクの高い水引です。有名な社寺仏閣のお札などに結んであります。

紅白水引
紅井(くれない)水引とも呼ばれています。
一般には使用出来ず、現在は宮内庁ご用達の際にのみ使用されています。

金銀水引
婚礼の際に使用される水引です。

赤白水引
普通一般のお祝い事に用いられます。誕生・入学・卒業 就職 など。

黄白水引
仏事の不祝儀(ぶしゅうぎ)に用いられる水引です。

黒白水引、双銀(そうぎん)水引
仏事 ・ 神事の不祝儀に用いられる水引です。

水引は基本の結びだけでつくるものにも、無限の可能性があります。現在では、古典を伝えつつも日々研究を重ねつつ、雑貨的なかわいらしい花細工なども作られています。

[ 京都府その他工芸品 ]
提供 : 京都結納儀式協同組合 様

素材 和紙、クレー粉、布海苔(ふのり)、染料など
製法・工法 【1】紙糸を作る
まず大きい巻紙和紙を2cm程度の巾のテープ状に裁断し、これに水分を与えて「より機」でよりを入れ、更に強くもう一度より入れをして芯の強い紙糸にします。

【2】白地作り、着色
紙糸を約130本を帯を広げたように空地(はた場)に張り、クレー粉と布海苔を混ぜた糊を塗って白地を作り、さらに赤・黒・黄などの染料で等間隔に染め上げたものを裁断して出来上ります。

白地 を作る作業は工程で最も難しいもので、長年の修行が必要とされます。
歴史 飛鳥時代、小野妹子の率いる遣隋使の帰国の際に、隋国からの献上品に、紅白に染められた麻ひもが結ばれていました。これが水引の元になったと考えられています。
貴族社会の発展に伴い、麻ひもを青・黄・紫などに染め、詩歌集を閉じるのに用いられていました。紙の発達と共に、次第に麻ひもから紙よりへと変化していきます。

武家社会となり、礼法の確立とともに水引の作法も発展していきます。貴人への贈り物(馬・刀・弓・馬具などの武具、小袖や化粧道具・香・扇・茶道具・短冊・木の花・草花等)すべてに折り紙で包み、水引をかけるようになりました。

もともとは、武家や公家の間で使用されていた水引ですが、明治に入り、武家社会の終焉と共に、水引は一般社会へ広まっていきました。
関連URL http://yuinou.org/index.html

◆展示場所
詳しいお問合せは…
京都結納儀式協同組合
 〒612-8363 京都市伏見区納屋町110-3
 TEL : 075-623-0505 / FAX : 075-623-0506 

◆イベント開催
京都結納儀式協同組合
 催し物を開催しています。
 詳しくはこちら


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook