JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品富山県

富山県
工芸品の分類 人形
工芸品名 とやま土人形

主要製造地域:富山県




《特徴》
型に入れ800度で素焼きしたものに絵具で彩色をした人形は、素朴であたたかい味わいを持ち、縁起物や魔よけ、子供の玩具として親しまれてきました。

天神信仰の強い富山では、学問の神様である天神様をはじめ、招き猫などの縁起物が多く作られ、干支や祭礼に関するものなど、郷土色を守りながら、その伝統は今日に引き継がれています。伝統を守りながらも、富山らしさを追求し、「おわら風の盆(富山を代表する行事)」や「薬売り(古くより富山は薬都として有名)」、「ちんどん(富山で毎年行われる行事)」など、富山に根付く文化を人形で表現し、新しい郷土色を生み出しています。

型に粘土を込めて焼く土人形は、古くは明治・大正時代からの型を使用しています。昔は型作りが専門の原型師と呼ばれる人がいましたが、土人形を作る工房が減るにつれて人が減り、今でも貴重な当時の型を大切に使い続けています。

当時の作り方を守り続け、全ての工程を手作業で行っています。粘土の型込めから焼き上がりまでを一人で仕上げる工程は、型は同じでも作る人によって表情に違いが出てきます。型から焼きあがった素焼きに白を塗り、その上に絵具を重ねていく繊細な作業により、作り手一人ひとりの想いがつまった、味のある表情に仕上がります。

[ 富山県指定伝統的工芸品 ]
提供 : とやま土人形伝承会 様

素材 粘土、絵具、胡粉など
製法・工法 【1】 型入れ
5mmの厚さにのばした粘土を、型に貼りつけるようにしっかり押しながら詰めます。

【2】 素焼
自然乾燥後、800度ぐらいで素焼きを行います。

【3】 下塗り
素焼きを終えた人形に、白い絵の具で下塗りします。

【4】 着色
下地の整った白い人形に色をつけ、目と口を入れて完成です。
歴史 嘉永年間(1848~54)、富山10代藩主 前田利保が名古屋の陶工、加藤家の陶器職人であった広瀬秀信を富山に呼び、窯を築いて陶器づくりを行い、次いで秀信の子 安次郎が陶器づくりの傍ら、天神臥牛(天神様の使いの牛)を焼いて献上したのがとやま土人形の始まりです。

当時、城下には土人形屋は数軒ありましたが、広瀬家より技法を学んだ渡辺家(明治3(1970)年創業)だけが家業として伝統を守り続けてきました。
しかし後継者不足が懸念され、昭和58(1983)年より「とやま土人形伝承会」が発足、現在は「伝承会」がこの伝承技法を後世に伝えるべく活動を続けています。

◆展示場所
富山市民俗民芸村 とやま土人形工房
 〒930-0881 富山市安養坊1118-1
 開館時間 : 9:00~16:30
 休館日 : 年末年始 (12/28~1/4)その他臨時開館・休館あり
 TEL : 076-431-4464 / FAX : 076-431-4463



◆イベント開催
富山市民俗民芸村 とやま土人形工房
 土人形の絵付け体験ができます。
 お問い合わせ先 TEL : 076-431-4463
 ※開館日の10:00~15:00で開催、費用は600円から。



2017 クリスマスギフト特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook