JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品佐賀県

佐賀県
工芸品の分類 陶磁器
工芸品名 唐津焼

主要製造地域:佐賀県




《特徴》
唐津焼は生活の道具としての素朴な美しさが魅力。
料理を盛り、花を生けることで完成する「用の美」を備えています。粗く渋い素地からは、独特の温もりと力強さが感じ取れます。

唐津焼きの釉薬は「土灰釉」、つまり木灰が基礎になっています。これは絵唐津や無地唐津はもちろんのこと、他の唐津焼のほとんどに基礎釉として使用されています。次に多い釉薬は薬灰釉で、藁灰の白濁作用を利用し、斑唐津や黒飴釉との掛け分けで朝鮮唐津に使用されます。そのほか、壷類に多く使用される鉄灰釉薬などもあります。

使用する胎土は、主に「砂目」と呼ばれる唐津の土です。砂が混合しているという意味ではなく、生地が荒いことに由来します。次に多く見かけるのが粘着性の強い「質が細かな砂目」で、この土は非常に鉄分が多いものと、そうでないものがあり、多いものは焼き上がりが黒褐色になります。また、焼き上がりが白地に近いものもあり、この胎土は細やかで鉄分が少ないもので、絵を描いた場合、鮮やかに発色します。

以下に主な唐津焼の特徴をご紹介します。

【絵唐津】
素地に鬼板で草、木、花、鳥、人物などの文様を描き、長石釉や木灰釉をかけ焼成したものです。

【朝鮮唐津】
鉄釉や藁灰釉の2種類を使用する。鉄釉を下に掛け、藁灰釉(斑釉)を上から流し、二つを交わらせて風景を表すもの。上下逆の物もあります。

【斑唐津】
長石に珪酸質灰などを混ぜ、焼成すれば珪酸分の作用で失透し白くなります。表面に青や黒の斑がぽつぽつと現れるので、これを斑唐津と呼んでいます。

【粉引唐津】
褐色の粘土を使用、生乾きのうちに化粧土を全面に掛け、乾燥させた後に長石釉や木灰釉を掛けたものです。

【三島唐津】
朝鮮の陶器、李朝三島の技法を受け継ぎ、日本風にアレンジしたものです。器が生乾きのうちに雲鶴や印花紋などの紋様を施し、化粧土を塗って、削りもしくは拭き取って仕上げをし、その上に長石釉や木炭釉を掛けて焼成したものです。

【このほかに】
黄唐津や青唐津、黒唐津、刷毛目唐津、櫛目唐津、彫唐津、蛇蝎唐津、献上唐津などの名称が、その色絵付景色系統などによってつけられています。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
情報提供 : 唐津焼協同組合 様

素材 胎土、土灰釉・薬灰釉などの釉薬
製法・工法 【1】 練りなど
土を練り、ろくろを使って形を作っていきます。

【2】 削り
土の表情を見せるため、所々に、自然な削りを入れていきます。

【3】 素焼き
絵付けや釉薬を掛ける場合、低温で焼成します。

【4】 絵付け
素焼きしたものに、絵を描いていきます。

【5】 釉薬
乾燥もしくは素焼きしたものに釉薬に浸したり、ひしゃくで掛けるなど、色々な方法があります。

【6】 窯詰・焼成
ひとつひとつ、丁寧に窯につめて、高温で本焼きします。
歴史 唐津焼の起源は諸説ありますが、室町時代末から桃山時代にかけて、岸岳城城主波多氏の庇護のもとに、領地で焼かれたことが始まりとされています。その後、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に、朝鮮陶工を連れて帰り、その陶工たちが各地で窯場をつくり焼き始めたことで、唐津焼の生産量は拡大していきます。

登り窯や、蹴ロクロ、釉薬法など、朝鮮渡来の技術の導入によって作風や種類も豊かになり、全国に流通したことで唐津焼は日本を代表する焼物となり、西日本では焼物のことを「からつもの」と呼ぶほどまでに有名になりました。

また、古くから茶の世界では、「一井戸、二萩、三唐津」という茶碗の格付けがあるように、茶の湯の名品として多くの茶人に愛され、江戸時代には唐津藩の御用窯として発展しました。

◆展示場所
唐津焼協同組合展示場
 〒847-0816 佐賀県唐津市新興町2881-1 唐津市ふるさと会館アルピノ2F
 TEL : 0955-73-4888 / FAX : 0955-73-9030
 営業時間 : 9:00~18:00
 定休日 : 12月30日~1月1日






2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook