JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品香川県

香川県
工芸品の分類 染色品
工芸品名 讃岐のり染

主要製造地域:香川県




《特徴》
讃岐のり染めは、もち米を使った糊を使って染められます。糊を置いたところが染まらず、染料が混ざり合うのを防ぐ方法で、鮮やかな色彩が特徴です。

大きく筒描きと型染めの二つに分けられます。
筒描きは、和紙を柿渋で加工した円錐形の筒袋に餅米でつくられた糊をいれ、絞り出すように下絵に沿ってのりを丁寧に置いていきます。手で自由に描かれた曲線は、のびのびとした力強い線が、温かみのある、味わい深い独特の雰囲気を醸しだします。

型染は、同様に和紙を柿渋で固めた型紙を使ってのりを置くことによって、同じ図柄を繰り返し使うことができます。また、筒描きよりも細かい図柄をのり置きすることができ、上品な染めを量産できることが特徴です。

現代の技法プリントとは、一味もふた味も違った、手描きや型置きならではの素晴らしさや味わいがあります。

[ 香川県指定伝統的工芸品 ]
提供 : 大川原染色本舗 様

素材 綿や絹などの生地、のり、渋柿、染料など
製法・工法 【1】 のり置き
布はあらかじめ色が染まりやすいように精錬します。布の染め残したい部分に、部分ごとにふさわしい筒を使ってのりを置きます。

【2】 色差し
刷毛を使って色を差します。
のり置きの筒同様、様々な形や大きさのものを使います。

【3】 色差し・乾燥
乾いた時の色具合に影響するので、色差しや乾燥は、エアコンなどをつけず、できるだけ自然な状態で行われます。

【4】 蒸し
染料を布に定着させ発色をよくするために、高温で布を蒸します。

【5】 水洗い
のりや余分な染料を水で洗い落とします。

【6】 干す
天気の良い日を選んで作業場の中庭に干します。

【7】 縫製
ゆたんなどの大きいものは、分けて染め、最後に図柄がずれないように縫い合わせます。
ゆたん、のれん、旗などの、製品に縫い上げます。
歴史 讃岐のり染の起源は定かではありませんが、江戸時代には高松城下の紺屋町を中心に多くの染物屋が軒を連ね、主に藍染めを中心に野良着や着物が染められていました。

時代の流れと共に、たくさんあった染物屋も数少なくなりましたが、大川原染色本舗ただ一軒のみ、200年近く代々その伝統を受け継ぎ続けています。

現在は、のり染めの技法を守りながら、新しい技法も取り入れ、のれん・のぼり・旗・神社幕・ハッピ・獅子舞ゆたんなどを染めています。
とりわけ香川県は、獅子舞やうどんによる讃岐特有の文化が根付いています。その文化はのり染の技法を駆使して獅子舞ゆたんや、うどん屋ののれんを作ることを通して、のり染の技術を絶えることなく、守り育ててきました。
関連URL http://www.ok-flag.co.jp/index.cgi

◆展示場所
有限会社 大川原染色本舗
 営業時間 : 9:00~18:30
 定休日 : 日曜、第2土曜、祝日
 〒760-0061 香川県高松市築地町9-21
 TEL : 087-821-5769 / FAX : 087-821-5227



◆イベント開催
有限会社 大川原染色本舗
 HPにてイベント等、新着情報を掲載しています。
 詳しくはこちら


2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook