JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品山形県

山形県
工芸品の分類 織物
工芸品名 新庄亀綾織

主要製造地域:山形県




《特徴》
亀綾織は、高度な織りの技術を必要とし、その種類は八ツ橋や紗綾型など数十種もあります。また、織りあげてから染色するため、しっとりとした風合いと気品のある光沢が特徴です。上品で美しい製品が数多くあり、お土産・贈り物に喜ばれています。

通常の平織りは、経糸1本と緯糸1本を交互に交差させて織るため、糸の組織が縦と横で構成されますが、亀綾織はどれも斜めに構成されています。これは、経糸と緯糸を交差させる際に、その点が斜めになるように織る「斜文織」という技法によるものです。しかも、交差させる経糸と緯糸はそれぞれ3本以上を用い、地紋は足元の踏み木で踏み分けて作るため、大変高度な織り技術を要します。

細い絹糸で織り、大変きめ細やかな作業が必要なため、10cm織り上げるのに名人でも丸一日かかかってしまうほど。明治末期に一時生産が途絶え「幻の織物」と呼ばれていたこともありました。

[ 山形県ふるさと工芸品 ]
情報提供 : 新庄亀綾織伝承協会 様
画像提供 : 新庄市商工観光課 観光交流室 様

素材 絹糸、染料など
製法・工法 【1】 のり付け作業
合わせ糸を作ります。(用途に応じて大きさを変える)

【2】 延べ(整経)
反物の長さと、糸本数を決めます。

【3】 小拵え
模様にしたがって順序よく、綜絖という針の穴に一本ずつ糸を通します。筬歯に、反物の幅を計り経糸を通します。

【4】 織付け
綜絖枠と踏木を結びつける作業と、千巻きに結びつけます。

【5】 製織
緯糸を竹管に巻いて、蒸してから織り進めます。

【6】 精錬
生糸で織り上げた反物を、石けん等で3時間ほど煮て、セリシンを取ります。(亀綾織は後練りが特徴)

【7】 染色
浸し染めを何度か繰り返し、好みの色に染め上げます。
歴史 新庄藩九代藩主「戸沢正胤」が、文政13年に上州より技術者を招き入れ、藩の特産品として奨励したことに始まります。その後、盛んに生産されるようになり、高度な技術を要する織物として知られるようになりました。

明治になり、旧藩士の救済のための授産場で機織りが指導され、家内工業として奨励されましたが、明治末期に途絶えてしまいました。大正初期や昭和初期に何度か復興が試みられますが、実を結ぶに至らず、ついに幻の亀綾織となってしまいます。

それから半世紀後の昭和56年に、国の「最上モデル定住圏地域特産品の開発調査」の対象品として選定され、昭和60年に「新庄亀綾織伝承協会」が発足し、翌年には亀綾織の基本といわれる「紗綾型」の復元に成功します。以来十名程度の会員が、手織りで基本型となる約20種類の亀綾織の復元に成功し、現在も技術向上に努めています。

◆展示場所
新庄亀綾織伝承協会
 〒996-0023 山形県新庄市沖の町10-8
 TEL&FAX : 0233-22-0025
 営業時間 : 10:00~17:00
 休業日 : 水曜日



◆イベント開催
新庄亀綾織伝承協会
 TEL&FAX : 0233-22-0025
 営業時間 : 10:00~17:00
 休業日 : 水曜日
 体験ができます。初めての方でも手軽に織れる卓上機で
 花瓶敷やタペストリーを作ることができます。
 料金 : 1,000円~ / 所要時間 : 約2時間 / 定員 : 1~8名程度まで
 詳しくはお問い合わせ下さい。


2017 クリスマスギフト特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook