JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品鳥取県

鳥取県
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 淀江傘

主要製造地域:鳥取県




《特徴》
江戸時代から作られている「淀江傘」。
風雪に負けない丈夫さと、独自の美しい糸飾りは他に類がなく、その技術は米子市無形文化財に指定されています。

淀江傘は、70ほどの工程を経て、手間と時間をかけて製作されます。
山陰地方といえば、雨、風、雪。それらに耐える強度が必要なため、他の地域の和傘より骨が太く頑丈に作られます。
柄と傘とをつなぐ子骨の部分に、色とりどりの糸で繊細な飾りが施されているのも特色のひとつ。普通の和傘は円を編み重ねるだけですが、淀江傘では桔梗飾りという、桔梗の花びらの形をあしらいます。

淀江傘の技と美は、近年改めて注目され、現在では傘として使用するほかに、インテリアとしての用途も見いだされています。

[ 鳥取県指定郷土工芸品 ]
提供 : 淀江傘伝承の会 様

素材 マダケ
製法・工法 淀江傘の製法
1本の竹から、和傘を完成させるまでには70以上の工程があります。以下に主要なものをご紹介します。

【1】 親骨・小骨づくり
竹切り→皮むき→墨打ち→2つ割り→荒割り→穴あけ→小割り

【2】 柄竹づくり
竹きり→油抜き→節とり→ハジキ付け

【3】 ロクロ(傘の頭)づくり
木切り→生地びき→目ざらえ→柄竹と合わせ繰込み

【4】 結合
親骨や小骨、柄竹・ロクロを繋ぎます。

【5】 和紙貼り
軒付けや胴張り、天井張りなど和紙を貼ります。

【6】 着色
その後、折付けや糊毛伏せり、頭絞りを行い、着色します。

【7】 仕上げ
油挽きを行った後、天日乾燥を2度繰り返し、うるしを塗って頭包みという工程を経て完成です。
歴史 淀江には、傘の材料となる良質のマダケが手近なところにふんだんにあり、また一度に1万本もの傘を干せる広い砂浜が広がり、因州和紙が近くにあったことから、傘作りにとても適した地域といえます。

淀江で和傘が作られるようになったのは江戸末期の文政4 (1821)年のこと。倉吉から淀江に来た倉吉屋周蔵が傘屋を開いたことに始まり、明治14(1871)年、津山から西金蔵を指導者として招いたのを機に、淀江傘は急速に発展しました。

現在も、京都・金沢・岐阜・九州と並んで日本の5大産地の一つです。

◆展示場所
和傘伝承館(傘作り工房)
 開館時間 : 9:00~18:00
 体館日 : 月曜、日曜、祝日
 〒689‐3402 鳥取県米子市淀江町淀江796
 TEL&FAX : 0859-56-6176



◆イベント開催
和傘伝承館(傘作り工房)
 見学・体験が可能です。詳細はお問い合わせ下さい。
 TEL&FAX : 0859-56-6176



2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook