JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品香川県

香川県
工芸品の分類 木工品
工芸品名 一閑張

主要製造地域:香川県




《特徴》
一閑張とは、和紙と柿渋を何重にも重ねたものです。
日本の本渋引き一閑張の基本は、生地の上に和紙を貼り柿渋を塗ります。 また、一閑張には様々な長所と特徴があります。

・ 軽くて丈夫であり、熱湯がかかっても水で濡れても変化がないので安心である。
・ 手触りがよく、深い味わいがあって飽きがこない。
・ 汚れ、傷などが他の塗り物に比べて目立ちにくいので気軽に使える。
・ お掃除のときに水で濡れたり、濡れた布で拭いても大丈夫。 
・ 一閑張を使っていると、育ち・家柄・人間の歴史が偲ばれるような雰囲気をもっている。

[ 香川県指定伝統的工芸品 ]
提供 : 一閑張屋 宇野雄三 様

素材 竹、木、ガラス、陶器、プラスチックなど
製法・工法 【1】 生地の準備
竹、木、ガラス、陶器、プラスチックなどを準備します。

【2】 和紙の準備
生地により、質、サイズなど決めます。

【3】 和紙貼り
刃物を使わず和紙を裂き、蕨粉等をあわせた糊で貼ります。

【4】 柿渋塗り
和紙を張ったものを乾燥させ、十分乾燥したところで柿渋を塗ります。このとき気温は5℃以上29℃以下で作業します。さらに乾燥させたところで、夜露にあて夜干し湿度を与えます。この工程を5回以上繰り返し行います。

【5】 泥染め
石の粉を溶かしたものを塗り、乾燥、研出し、乾燥、色付けなどで調整し、上塗りの作業を20回以上繰り返します。
歴史 昔、生活用具は春・秋の市で購入していたため、壊れてもすぐに新しいものを購入できませんでした。
そこで、生まれたのが「本渋引き一閑張」という補修方法。壊れたかごに和紙を貼り、入手しやすかった防水効果のある柿渋を塗り補強して、また使う。
これが本渋引き一閑張のルーツです。

日常品の補修ですから、費用や手間は考えず、閑にまかせて行われていたため一つの閑に貼る「本渋引き一閑張」と書くそうです。従って600年以上の伝統があると言われています。




2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook