JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品埼玉県

埼玉県
工芸品の分類 織物
工芸品名 秩父銘仙

主要製造地域:埼玉県




《特徴》
絹織物の「秩父銘仙」は、平織りで裏表がありません。たとえ表が色褪せても裏を使って仕立て直しができるのが特徴のひとつ。また、「ほぐし織」という、前もって荒らく仮織りした白の縦糸(たていと)に型紙を置き染料のついた刷毛で刷り、色を重ねて染色し、それをほぐしながら織っていく独自の技法も特徴です。
女性の間で手軽なおしゃれ着として、明治後期から昭和初期にかけて全国的な人気を誇るようになりました。

特に独特なほぐし模様がその人気を高めたといわれています。当時は養蚕業などを含めると市民の約7割が織物関係の仕事に従事していたそうです。
今現在も、昔ながらの技は受け継がれ、 和服・ざぶとん・小物などが、秩父の名産品として好評です。

提供 : 秩父織物協同組合

素材 玉糸や紡績絹糸など
製法・工法 【1】
経糸(たていと)を整える。

【2】
経糸を織機にかけて、糸がずれないよう粗く仮織り。

【3】
仮織りをした経糸に、ひと型づつ型染めをする。

【4】
本織り前に、経糸の状態を調整し、緯糸(よこいと)の糸繰りを行う。

【5】
型染めをした経糸を再び織機にかけて、仮織りした糸をほぐしながら丁寧に緯糸を織り上げる。
歴史 崇神天皇の御代に、知々夫彦命が住民に養蚕と機織の技術を伝えたことが起源といわれています。
その後 秩父銘仙は、伝統を受け継ぎながらも高品質なものへと改善・改良を重ね、 明治中期から昭和初期にかけ最盛期を迎えますした。
関連URL http://www.meisenkan.com/

◆展示場所
ちちぶ銘仙館
 〒368-0032 埼玉県秩父市熊木町28-1
 TEL : 0494-21-2112 / FAX : 0494-21-2116
 開館時間 : 9:00~16:00
 定休日 : 年末年始(12月29日~1月3日) 
 入場料 : 大人200円、小中学生100円



◆イベント開催
ちちぶ銘仙館
 染め織り体験ができます。
 体験ご希望の方はなるべく、ご予約をお願いします。
 お問い合わせは、ちちぶ銘仙館まで。
 TEL : 0494-21-2112 
 E-mail : orimono@ceres.ocn.ne.jp


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook