JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品福井県

福井県
工芸品の分類 和紙
工芸品名 越前和紙

主要製造地域:福井県




《特徴》
越前和紙と聞くと、越前奉書紙として有名な『奉書紙』や『鳥の子紙』を思われる方が多いかと思われますが、現在越前和紙では8種類 に大別され様々な紙が作られています。

奉書紙
古くから最も多く漉かれた上質の楮で漉かれた厚様の紙です。
檀紙
日本で最も古くからあったとされ、楮の表面に荒い簀の目の跡のある紙です。
書画用紙
古くは主に麻紙であったものが、書画の表現の変化にともなって紙質・原料が変化していった書画用の紙です。
薄様紙
様々な用途に使用されるため、材質や風合い等が多様に存在する紙です。
鳥の子紙
滑らかな肌合いと色が鶏の卵に似ているところから「鳥の子」と呼ばれる美しい紙です。
漉き模様鳥の子紙
襖や壁紙などに使用される模様入りの鳥の子紙です。
美術工芸紙
漉く工程の中でさまざまに模様をつけられる、越前和紙を特徴づける代表的な紙です。
局紙
明治時代に生まれ、印刷適性と耐久力は世界一といわれた新しい紙です。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定)]
提供 : 福井県和紙工業協同組合 様

素材 コウゾ・ミツマタ・ガンピ・アサ・トロロアオイ
製法・工法 まず越前和紙の主な原料となるのは楮、三椏、雁皮といった樹木を使用します。ネリにはノリウツギやトロロアオイを使いますが、漉く紙の種類に適したものを使います。混ぜて使用することもあります。

次に紙漉きの工程ですが和紙の生産工程は実に多く、基本となる8つの工程、それに和紙の種類・職人の一手間から来る追加工程からなっております。これら工程は古くから伝わるものであり、また長い年月のうちに創意工夫されたものであるため、これらの工程を実に忠実かつ丁寧に行うことによって、和紙本来の美しく滑らかな和紙を作ることが可能になりました。

この生産工程は、『煮沸』、『叩解(こうかい)』、『抄紙(しょうし)』の大きく3段階に分けられます。『煮沸』とは繊維質を抽出しやすくするために原料を加熱処理すること、『叩解』とは繊維質をたたいて分解すること、そして『抄紙』はその繊維をもとに紙を漉いていく作業になります
歴史 越前和紙は今から1500年前から伝わる技術と、他の生産地にはない和紙の種類の豊富さにより、和紙の良さを生かしつつも表面が滑らかで均一、紙厚(かさ)がしまっているという和紙の製作もできます。


関連URL http://www.washi.jp/

◆展示場所
福井県和紙工業協同組合
 福井県越前市大滝町11-11
 TEL 0778-43-0875 / FAX 0778-43-1142



越前和紙の里
 〒915-0232 福井県越前市新在家町8-44 パピルス館内
 TEL : 0778-42-1363 / FAX : 0778-42-2425




2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook