JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品千葉県

千葉県
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 房州うちわ

主要製造地域:千葉県




《特徴》
良質の竹の産地であった江戸時代を経て、明治17年(1885年)に、岩城惣五郎が東京から職工を雇い、生産を始め、安房郡の一大物産としたとされています。
竹の丸みそのままを活かした「丸柄」と、48~64等分に割いた骨を糸で編んで作られる半円で格子模様の美しい「窓」が特徴です。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定)]

提供 : 房州うちわ振興協議会 様
(館山市経済観光部商工観光課 様
 南房総市商工観光部商工観光課 様)

素材 メダケ・マダケ・木綿糸・絹糸・和紙・絹織物・綿織物・顔料・染料・柳・胡粉・膠・漆
製法・工法 房州うちわづくりは、竹の選別から始まり、割竹(さきだけ)、弓削(すげ)、貼りなど、21の工程で仕上げていきます。

竹選別→皮むき→磨き→水つけ→割竹→もみ→穴あけ→編竹→柄詰→弓削→下窓→窓作り→目拾い→穂刈り→焼き→貼り→断裁→へり付→下塗り→上塗り→仕上げ

原料の竹は良質の女竹(めだけ)が使われます。虫が付かず肉が締まっている10月から1月の寒い時期に南房総一円から伐採されます。うちわには、一定の太さの部分が必要なため、1本の長い竹から取れるのは2、3本分ほどです。

竹の皮をむき、水洗いして磨き上げます。次に、竹を割り、柄の部分に穴をあけ、糸で骨を編んでいきます。柄を一定の寸法に切ったら、空洞に柳の枝を詰め込みます。さらに、柄にあけた穴に弓を差し込み、編み終えた糸の両端を弓に結びます。円弧状にしなった弓とともに「窓」ができ、扇形にひらいた骨組みが完成します。

ねじれをとるために目拾い、穂刈りをし、骨の曲がりを直すためにコンロで焼きます。整った骨に、紙や布を両面から貼り、はみ出した骨を裁ち落としていきます。そして、ふちとりの紙で周囲を整え、胡粉を柄尻に盛り、丸みを持たせます。最後に、ローラーできっちりとおさえて仕上げます。

これらの工程を一人で行うと、一日に4、5枚のうちわを作ることが精一杯と言われます。各工程ごとに分業して、房州うちわは一枚一枚丹念に作られています。
歴史 関東でうちわ作りが始まったのは、江戸時代(天明年間・1781~1788年)。当時、房州は、材料の竹を送り出す産地でした。「地方資料小鑑」(明治44年千葉県発行)によれば、房州でのうちわ生産は、明治10年に那古町(現在の館山市那古)に始まり、付近の町村に普及したとされます。「房総町村と人物」(大正7年千葉県発行)では、明治17年に、岩城惣五郎(那古町)が東京から職工を雇い、生産を始め、安房郡の一大物産としたとされています。

大正12年の関東大震災で、日本橋堀江町河岸のうちわ問屋の大半が大火に見舞われました。震災後、竹の産地に近く、東京への船便があった那古港にも近接した船形町(現在の館山市船形)に問屋が移住し、生産を始めました。そのことがきっかけとなり、房州でのうちわ生産が拡大していきました。そして、日本三大うちわと言われる「房州うちわ」の産地となっていきます。

那古、船形、富浦(現在の南房総市富浦町)は古くからの漁師町で、働きざかりの男たちが漁に出たあと、留守番のおかみさんたちの手内職として、うちわづくりは歓迎されました。母から娘にその技術が受け継がれ、大正末期から昭和の初めにかけては、年間7~800万本もの「房州うちわ」が生産されるようになりました。内職として携わる人は、1,000人ほどいたそうです。

だんだんと使われることも減り、現在では、年間2~30万本の生産になりました。こうした中、平成15年には、千葉県では唯一の経済産業大臣指定伝統的工芸品として認定され、「房州うちわ」は新しい魅力に置きかえられようとしています。
関連URL http://www.bosyu-uchiwa.com/index.html

◆イベント開催
うちわ作り体験
南房総に受け継がれる匠の技、文化を伝えます。

◆内容
 製作工程後半の「貼り」「断裁」「へり付」
◆時間
 約2時間
◆料金
 1人 1,500円から
 ※人数や体験内容により異なりますので、下記までお問い合わせください。

 お問合せ先

 館山市経済観光部商工観光課
 〒294-0036 千葉県館山市館山1564-1 渚の駅たてやま内
 TEL : 0470-22-3362 / FAX : 0470-22-2546
 http://www.city.tateyama.chiba.jp/shoukan/index.html

 南房総市商工観光部商工観光課
 千葉県南房総市富浦町青木28番地
 TEL : 0470-33-1092
 http://www.city.minamiboso.chiba.jp/


2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook