JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品三重県

三重県
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 伊賀組紐

主要製造地域:三重県




《特徴》
その起源は古く、奈良時代以前といわれ、主に仏具や武具の紐として作られてきました。

明治中期に江戸組みひもの技術が伝えられ、高級手組ひもの最大生産地として急速に発展し、今では製紐機による生産や、和装以外の新商品開発もさかんに行われています。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 三重県組紐協同組合 様

素材 絹糸・金銀糸
製法・工法 【1】 撚糸

【2】 精錬
膠質であるセリシンを取り除き、すぐれた感触と光沢のある練絹とするため生糸を麻袋に入れ石鹸とソーダー灰を入れ一定時間、一定温度で煮沸します。

【3】 仕様書作り
組紐のデザインを設定し、それに適した組み方及び紐の幅、厚さ、長さ等を定め、必要な絹糸の量・玉数・絹糸の長さを計算し、これに基づき単色又は2色以上の配色を決定します。
決定した配色の色糸を色見本台紙に貼り色見本表をつくります。

【4】 糸割り
仕様書に基づいて必要量の絹糸をハカリと棒台を用いて区分します。

【5】 染色
植物性染料又は、化学染料を用いて色見本表に合わせて染めます。

【6】 乾燥
染め上げた絹糸を次のため乾燥させます。

【7】 糸割り
乾燥した絹糸を経尺するため小枠に巻き取ります。

【8】 経尺
小枠に巻き上げた絹糸を所定の寸法に測ります。

【9】 合糸
仕様書に基づいた絹糸の量を所定の玉数に割り付けて一玉当たりの絹糸の本数を算出し、合糸して大枠に巻き上げます。

【10】 撚りかけ
合糸されて大枠に巻き上げた絹糸を一玉づつ区分するためと組み味を変化させるために所定の強い撚り、弱い撚り等に撚り掛け機を用いて撚りをかけます。

【11】 たぐり
たくり台によって帯締・羽織紐の必要のな長さを、所定の本数に合わせてたぐります。

【12】 切断
たぐられた組糸を必要な本数に切断します。

【13】 つぼ組み
羽織紐の場合ので羽織のチチに取付けるための輪を作ります。

【14】 組み
各台を使用して各種の技法により帯締・羽織紐等を組み上げます。

【15】 房付け
帯締・羽織紐の端を所定の長さにさばき、ゆるまずとれないように房を仕上げます。

【16】 節取り
組糸の節と組糸のたるみ等を毛抜きとハサミで取り除きます。

【17】 毛焼き
組みあがった紐の表面の糸の切端や糸のケバ等を焼き切ります。

【18】 コロ掛け
組みあがった紐の目打ちを揃えるためコロ台の上でローラーをかけ表面の凹凸なくします。

【19】 化粧糸かけ
羽織紐だけので左右一対をつもの所でくくりつけます。

【20】 湯のし
帯締・羽織紐の房の縮を蒸気にかけて延ばします。

【21】 房巻
商品の価値を高めるためと本体の保護のためにセロハン紙を巻きます。

【22】 房切り
房巻きの出来た紐を房付法に揃えて切ります。

【23】 検品箱入れ
製品の検査をし家庭用品品質表示による品質表示のラベルを巻いた商品を最終消費者や小売店に出すため桐箱・紙箱に入れます。
歴史 伊賀くみひもの起源は古く、奈良朝以前に遡るといわれ、経巻、華籠などの仏具・神具・武士の甲冑や刀の紐などに使用するために作られていましたが、伊賀の地域産業として本格的な発展は、明治中期に広沢徳三郎が江戸の組紐技術を習得し上野市で開業してからであります。

絹糸を主に金属糸などを組み糸に使い高台・丸台・角台・綾竹台などの伝統的な組台で、繊細な美しさをもつくみひもを生産しています。伊賀組紐は特に、高台による高級手組紐による全国生産の大半を占め昭和51年には通産大臣が定める伝統的工芸品に指定されています。
関連URL http://www.kumihimo.or.jp/index.html

◆展示場所
伊賀くみひもセンター 組匠の里
 〒518-0823 三重県伊賀市四十九町1929-10
 TEL : 0595-23-8038 / FAX : 0595-24-1015
 開館時間 : 9:00~17:00
 休館日 : 休日を除く毎週月曜日
 入場料 : 無料



◆イベント開催
伊賀くみひもセンター 組匠の里
 体験が出来ます。お問い合わせ下さいませ。


2017年母の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook