JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品東京都

東京都
工芸品の分類 和紙
工芸品名 江戸からかみ

主要製造地域:東京都




《特徴》
平安時代、唐から渡来した「紋唐紙」を和紙に模造したのが「から紙」です。

「から紙」は、文様を彫刻した版木に主として雲母(白雲母の粉末)や胡粉(貝殻の粉末)を絵の具として手で摺ります。
当時は、和歌を筆写する詠草料紙として使われていましたが、中世以降、屏風や襖、貼り付け壁、障子腰等にも貼られるようになり、江戸時代になると徳川幕府による江戸の街づくりが進み、人口の増加と共に「からかみ」の需要も増大していきました。

そして、多様なニーズにあわせて多彩な加飾の技法やデザインが考案され、独自の発展をしていきました。
この新興の江戸で作られた「からかみ」を「江戸からかみ」といいます。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 江戸からかみ協同組合 様、株式会社東京松屋 様

素材 和紙、金銀箔砂子、顔料など
製法・工法 江戸からかみの加飾【かしょく】の技法の中心は、唐紙師の技術の展開であり、和紙に刷毛【はけ】で顔料や染料を引き染め(具引き地【ぐびきぢ】、縦横【たてよこ】の縞模様・格子【こうし】の丁子【ちょうじ】引き等)した上に、文様を摺ります。
模様を彫った木版の凸部に、篩【ふるい】とよぶ独特の道具を使い、雲母粉【きらこ】などの顔料と糊をまぜた絵具を移し、版木の上に和紙をのせて、手の平で撫でて文様を写しとるものであります。
これが狭義の江戸からかみでありますが、江戸は巨大な人口をかかえるとともに火災が多かったので、木版だけでなく、かさばらない渋型紙を用いて加飾するふすまの更紗師【さらさし】も増え、さらに金銀箔【きんぎんはく】を平押し、または砂子【すなご】にして和紙に蒔く砂子師【すなごし】も、からかみの装飾に加わってきます。

これら唐紙師・更紗師・金銀箔砂子師の三つの加飾技法をもって、「江戸からかみ」と称するようになりました。
京のからかみは、唐紙師の技法のみで加飾される狭義のからかみであるのに対し、「江戸からかみ」は、唐紙師・更紗師・金銀箔砂子師の三つの加飾技法で作られる、広義のからかみということになります。
歴史 からかみの加飾のルーツには2系統あり、ひとつは仏教の経典を装飾した、奈良や平安時代の装飾経の金銀箔砂子を中心とする加飾技法です。
その頂点は国宝平家納経といわれます。

もうひとつは、やまとうたの詠草料紙【えいそうりょうし】を装飾する木版からかみを中心とする料紙装飾の世界です。
その最高峰が国宝本願寺本三十六人歌集といわれます。
経典とやまとうたの詠草料紙を装飾した技法が、のちに書院造りや数奇屋造りの貴人の住居の襖や壁面を飾り、室内空間を広々と豊かに彩り展開してきているのです。
400年の歴史をもつ「江戸からかみ」の技法の奥にはさらに1000年余の和紙の加飾の歴史が重ねられています。

慶長8年(1603)、徳川家康が江戸に開いた、いわゆる大江戸八百八町は300年にわたり繁栄を続け、江戸城や大名屋敷、神社仏閣、町人や職人の住居や長屋、各種の店屋の襖に貼られるからかみの需要が急増し、このためにからかみの発生の地、京都の唐紙師【からかみし】の流れを汲む職人たちが江戸に移住して、この需要増に応えたということです。
関連URL http://www.tokyomatsuya.co.jp/index.html

◆展示場所
株式会社東京松屋ショールーム
 〒110-0015 東京都台東区東上野6-1-3
 TEL : 03-3842-3785 / FAX : 03-3842-3820
 E-mail : showroom@tokyomatsuya.co.jp
 営業時間 : 9:00~17:00
 定休日 : 日曜・祭日
 アクセス : JR上野駅 浅草口より 徒歩10分、東京メトロ銀座線・稲荷町駅より 徒歩2分






2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook