JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品香川県

香川県
工芸品の分類 木工品
工芸品名 志度桐下駄

主要製造地域:香川県




《特徴》
志度桐下駄は、国産高級桐を使って作られ、国内シェアNo.1の生産量を誇ります。

アクや湿気を十分に抜き乾燥させた桐材は、非常に軽く吸水性にも富んでいるため、湿気の多い日本の風土に合います。

また、桐材は会津や越後という東北の厳しい寒さと湿潤の気候で育ったものを使用しており、年輪が締まって木目が美しいのも特徴です。

[香川県伝統的工芸品]
提供:山西商店 様

素材
製法・工法 1. 乾燥
約1年間天日で乾かし、桐材のアクや湿気を抜く。

2. 木取
乾燥させた桐材を裁断する

3. 成形
裁断された桐材を削り、下駄の原型を作り形を整える。

4. 丸目
角に丸みをつけるため削る。

5. 穴あけ
鼻緒を通す用の穴をあける。
関東と関西では穴の位置を変える。

6. 手仕上
下駄の裏側の始末をする
カンナをかけ、滑らかな丸みをつけて形を整える

7. 磨加工
大の表に砥粉を塗ってから「いぼた蠟」を塗り、うずくりという植物の繊維で磨き、光沢を出す。

どの種類の下駄もそれぞれ約40工程で仕上げる。
歴史 明治の終わりに、下駄職人の砂山房太郎が香川県志度にて下駄づくりを始めました。

桐材はじっくりと約一年間天日で乾かすのが志度の伝統であり、志度は晴天が多いことから、100年余り全国一の桐下駄の生産を誇っています。

しかし、昭和30年代をピークに、実用品としての下駄が廃れていきました。そこで、桐下駄に特化し、「つくるのなら日本一の最高級品を」という先人の心意気と伝統のもと、今日まで継承されています。

◆展示場所
香川県庁
〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表TEL:087-831-1111



高松空港
〒761-1401 香川県高松市香南町岡1312-7
TEL:087-814-3355

サンメッセ香川
〒761-0301 香川県高松市林町2217-1
TEL:087-869-3333

展示販売
さぬきワイナリー 物産館

〒769-2103 香川県さぬき市小田2671-13
TEL:087-895-1133

平賀源内記念館
〒769-2101 香川県さぬき市志度587-1
TEL:087-894-1684

平賀源内記念館 旧邸
〒769-2101 香川県さぬき市志度46-1
TEL:087-894-5513

道の駅源平の里むれ
〒761-0123 香川県高松市牟礼町原631-7
TEL:087-845-6080

◆イベント開催
高松三越百貨店
香川県伝統的工芸品展に出展
毎年11月頃 

栗林公園内商工奨励館にて実演販売
毎年7月頃


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook