JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品山形県

山形県
工芸品の分類 陶磁器
工芸品名 平清水焼

主要製造地域:山形県




《特徴》
平清水焼は「陶芸の里」として知られる山形で最も古い歴史を持ちます。本格的な設立をたのは江戸中期頃ともいわれますが、その素朴な風合いが人気です。

千歳山の鉄分の多い原土を活かした焼物が特徴です。そのため「千歳焼」とも呼ばれています。また、陶器と磁器のそれぞれの成分となる土が採れたことから、両方の焼き物がつくられてきました。
現在では過去の良さを活かしつつ、原土に含まれる鉄分のにじみ出た梨青磁の青龍窯、うすぐもりの味を出した辰砂釉、そして民芸陶器の七右エ門窯と、窯ごとにさまざまな創意工夫を凝らしています。

[ 山形県指定伝統工芸品 ]
提供 : 平清水陶磁器組合 様

素材 陶土と陶石
製法・工法 【1】 土の採土・土作り
千歳山の原土を採取します。陶土と陶石とに分け、陶土は桂石と長石を混ぜて粘土を作り、陶石は石を砕いて作りますが、それだけでは可塑性が低いので、粘土を混ぜます。

【2】 整形・乾燥
粘土を寝かした後、ロクロまたは手びねりで成形し、乾燥させます。

【3】 焼き・釉薬
十分に乾燥させた後、素焼をし、釉薬をかけて本焼きします。
歴史 文化年間(1804~1817)、常陸の国から来た小野藤次平(小野藤治平)が陶祖と言われていますが、それ以前から円仁(自覚大師)が伝えたとも伝えられています。
文政年間(1818~1829)、相馬藩の阿部覚左エ門がこの地を訪れて窯を開き、村内に相馬焼の手法が普及して窯業の一大集落へと発展。
明治中期の最盛期には30軒を超えるまでに至りましたが、時代の変遷とともにその規模は縮小し、今では3窯元のみが残っています。
関連URL http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/cgi-bin/search/search.cgi?panel=detail&d01=1166&c=20

◆展示場所
七右衛門窯
 〒990-2401 山形県山形市平清水153
 TEL : 023-642-7777



青龍窯
 〒990-2401 山形県山形市平清水50
 TEL : 023-631-2828

◆イベント開催
展示場所にお問い合わせいただければ、手作り体験が出来ます。


2017年父の日特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook