JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品石川県

石川県
工芸品の分類 陶磁器
工芸品名 珠洲焼

主要製造地域:石川県




《特徴》
「珠洲古陶」の特徴として、粘土紐を巻き上げ、叩きしめして成形を行い、「還元焔燻べ焼き(かんげんえんくすべやき)」という釉薬を使わずに焼く独特の製法で焼きあげる点にあります。

無釉高温のため、灰が自然釉の役割を果たし、幽玄ともいえる灰黒色の落ち着いた美しさを醸し出します。器の表には成形のときに生じる右下がりの叩き目をはじめ、傾斜の異なる平行斜線文二つを合わせた形状の「綾杉文(あやすぎもん)」、変化に富んだ「櫛目(くしめ)波状文など、各種彫文・彫刻などが施されています。

現代の珠洲焼は、かつての製法を受け継ぎ、強還元炎による黒灰色の焼き締めを基本としながら、薪窯・灯油窯・ガス窯それぞれの特色を生かして、伝統の上に現代の技を加え、昔から多く焼かれている甕や壺、すり鉢のほかにも、火器や酒器、湯呑や茶器、コーヒーカップ、お皿、水差し、灰皿など多様なものが職人の手によって制作され続けています。「珠洲焼」は、使えば使うほど味わいが出てくるものとなっています。

[ 石川県指定伝統的工芸品 ]
提供 : 珠洲焼創炎会 様

素材 粘土
製法・工法 【1】 材料採取
まず「珠洲焼」を作成するために必要な粘土を採取します。粘土を採取したら、土練りや土揉で粘土を整えます。

【2】 成形
「粘土紐巻き上げ」の技法をつかった一次成形と、「叩き締め」または「ロクロ挽き」によって器形を整える二次成形があります。

【3】 調整
ビン類で器面の質感を出すための「磨き技法」や、鉢や壺の底側面にみられる「削り技法」など、成形に伴う二次調整となります。

【4】 加飾
ロクロの回転運動を利用したものと、ロクロに乗せずにそのまま静止した状態で加飾を施す2つの方法に分かれます。静止した状態で装飾をする場合、さらに「描出方法(彫刻など)」と「押捺技法(印を押す)」があります。

【5】 焼成
原料を分解する、硬度を増す、色調を整えるなどの目的で、加飾の終わった製品を焼きます。この時に使われるのが、「還元焔燻べ焼き(かんげんえんくすべやき)」で、この焼き方は釉薬を使わずに焼く「珠洲焼」独特の製法です。
歴史 「珠洲古陶」は、12世紀後半から15世紀末にかけて能登半島の先端・珠洲郡内(現在の珠洲市周辺)で作られた中世を代表する焼物です。一時は北海道あたりにまで運ばれていました。

14世紀に最盛期を迎え、日本列島の4分の1を商圏とするほどにまで成長を遂げましたが、15世紀後半には急速に衰えて廃絶となりました。

昭和30年以降になると、馬緤(まつなぎ)支郡をはじめ、珠洲一円で約30基ほどの窯跡が発掘されました。昭和51年には珠洲市や商工会議所の努力で再興され、「珠洲焼」は復興されました。
関連URL http://suzuware.jimdo.com/

◆展示場所
珠洲焼館
 〒927-1204 石川県珠洲市蛸島町1-2-480
 TEL : 0768-82-5073
 営業時間 9:00~17:00 (休館日 : 年末年始)



珠洲市立珠洲焼資料館
 〒927-1204 石川県珠洲市蛸島町1-2-563
 TEL : 0768-82-6200
 営業時間 9:00~17:00 (休館日 : 年末年始)

◆イベント開催
詳しいお問合せは…
 珠洲焼創炎会
 〒927-1214 石川県珠洲市飯田町1丁目1-9
 珠洲商工会議所内 珠洲焼創炎会事務局
 TEL : 0768-82-7775


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook