JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:335件


都道府県

総数:335件

伝統工芸品青森県

青森県
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 津軽凧

主要製造地域:青森県




《特徴》
「津軽凧」は、津軽の伝統的な絵柄と、ヒバの木を薄く割ったものを凧び骨として作られています。大きさは畳二丈ほどもあります。

裏側には「ぶんぶ」という厚めの紙がついていて、凧をあげるとその「ぶんぶ」が振動して「ぶーん」という音を立てながら大空を舞います。

凧絵は江戸の浮世絵師の影響を受け、三国志や水滸伝などに登場する英雄、豪傑のほか、日本の歴史上の武将たちを題材とした武者絵です。太く力強い墨の線と、赤、黒、緑などの鮮やかな原色で描かれています。

[ 青森県指定伝統的工芸品 ]
提供 : 津軽藩ねぷた村 様

素材 紙、木材(ヒバ材)
製法・工法 【1】 凧絵を描く
凧の絵柄を描き込んでいきます。

【2】 色塗
完成した絵柄に色をつけていきます。

【3】 ウラ付け
凧の裏に「ぶんぶ」という厚手の紙を貼り付けます。

【4】 仕上色
仕上げの着色作業を行います。

【5】 凧骨加工
凧の骨組みを加工します。

【6】 仕上、組
最終の仕上げを施し、組み合わせて凧の完成となります。
歴史 江戸時代、貧窮に苦しむ弘前藩士の内職として「津軽凧」が作られるようになったといいます。天保年間には、津軽藩の城下町である弘前では、いくつもの凧が揚げられていたと記録されています。

凧の絵柄が武者中心になったのは明治以降の事で、その画風は葛飾北斎の影響を強く受けているといわれています。この絵柄を確立したのは柴田某で、小田桐岩蔵によって完成されたと言われています。

また、津軽凧に描かれている武将には「強くたくましい人に育ってほしい」という親の願いも込められています。昔から、多くの人たちに親しまれてきた歴史ある郷土玩具です。

◆展示場所
津軽藩ねぷた村 
 〒036-8332 青森県弘前市亀甲町61
 TEL : 0172-39-151 / FAX : 0172-39-1212



◆イベント開催
津軽藩ねぷた村 
 「津軽凧」の制作体験ができます)
 TEL : 0172-39-151 / FAX : 0172-39-1212


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook