JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品広島県

広島県
工芸品の分類 漆器
工芸品名 一国斎高盛絵

主要製造地域:広島県




《特徴》
日本の漆工芸の中で、類例の少ない独特の技法を用いる「高盛絵」。漆器や木地製品を素材として、花・昆虫等を漆で高く立体的に盛り上げ色漆で彩色する、170年以上続く伝統工芸です。繊細に描かれた植物や昆虫の今にも動き出しそうな躍動感や、色彩豊かに装飾された金や銀と共に輝く漆の光沢。絵画的なやわらかさと、彫刻的な重厚さが同時に表現できる点に大きな特徴があり、一子相伝の伝承法により代々受け継がれています。歴代一国斎の作品には、茶器・文箱・硯箱・香箱・菓子器・飾盆などがあります。

心が洗われるほどの美しさをもつ、広島が国内外に誇る匠の銘品です。

[ 広島県指定伝統的工芸品 ]
提供 : 七代金城一国斎 様

素材 ケヤキ、クワ、ヒノキ、漆 等
製法・工法 【1】 下絵の転写
和紙に描かれた図案を漆でなぞり、和紙を器物に押し当てた後に、純金消し粉をはたいて、絵を転写します。

【2】 高盛
季節に合わせ漆を調合します。高盛絵で使用される独特の漆は「高盛漆」と呼ばれます。少ない回数でいかに漆を美しく盛るか、高い技術が必要とされます。

【3】 乾燥
漆を乾燥させます。

【4】 磨き
乾燥したら、盛られた漆を週種類の砥石や木炭などで磨きます。高盛から磨きの工程を何度か繰り返します。

【5】 色漆の塗り
完成した高盛の上に黒漆を塗り、色漆を注して仕上げます。
歴史 一子相伝(技芸などを、自分の子供一人だけに継承すること)で伝えられてゆく、一国斎高盛絵の技術。
初代の一国斎は尾張徳川藩の御用塗師でした。二代目一国斎が江戸時代末期に広島へ移住し、三代目一国斎が研究を重ねた末、漆芸技法高盛絵を完成させます。
以後、各代の一国斎が、歴代の技術を受け継ぎつつ創意工夫や研鑽を重ね、現在まで継承されています。
関連URL http://www.ikkokusai.com/index.htm

◆展示場所
七代金城一国斎
 〒730-0832 広島市中区江波東2丁目4-22
 TEL : 082‐292-9699 / FAX : 082-292-9692






2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook