JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品宮城県

宮城県
工芸品の分類 漆器
工芸品名 仙台堆朱

主要製造地域:宮城県




《特徴》
堆朱とは、彫漆という漆器づくりの技法のひとつで、赤い漆を何層にも厚く塗り重ねて絵柄を彫刻したもののことです。同じように黒や黄の漆を用いた堆黒や堆黄などもあります。
これらの技法は中国で生まれ、鎌倉~室町時代に日本に伝わったとされますが、日本では、木地に彫刻して赤い漆で仕上げた漆器が、堆朱とよばれています。

明治時代末期に宮城刑務所に招かれた新潟県の村上堆朱の工人、川崎栄之丞によって技術が普及され、耐熱・耐水性に優れた現在の仙台堆朱の基礎が確立されました。木地の彫刻を能率化するために開発された、型押による工法が仙台堆朱の特徴のひとつです。

ぽってりと厚みがあって艶やかな朱色の塗り、木彫りから研ぎ・塗りまで丁寧に手間ひまかけて作り出される仙台堆朱は、木彫りならではのあたたかみや品があり、なおかつ丈夫で実用的な漆器です。

およそ100年の伝統を守りながらも変化を続け、モダンな魅力も兼ね備え、今現在も記念品・贈り物としても地元で愛されつづけています。

[ 宮城県知事指定伝統的工芸品 ]
提供 : 仙台堆朱製作所 様

素材 木材、漆など
製法・工法 【1】 彫り
まず原型となる木地をつくります。次に、花や鳥など絵柄を手彫りします。
量産をする場合は型押します。

【2】 塗り
彫刻した木地に漆を塗ります。厚からず薄からず、丁寧に塗って仕上げます。
歴史 仙台堆朱のはじまりは、伊達の藩政時代の漆器づくりが途絶えて久しかった明治の末期。
村上堆朱(新潟県)の職人だった川崎栄之丞が仙台にやって来て、その基礎を築いたと伝えられています。
川崎は、型取りで作った精巧なレリーフで木地を覆う独自の製法による「東華堆朱」を確立。堆朱の量産化を実現し、一般庶民でも手が届く、丈夫で扱いやすい漆器として広く普及させました。

その後、時代とともに堆朱づくりが下火になりつつあった頃、南忠が「仙台堆朱」として技術を受け継ぎます。
蒔絵師でもあり、工藝指導所に勤めていたことから、川崎栄之丞とも親交があったと言う南は、終戦後に仙台堆朱製作所を設立しました。
現在ではただ1軒の工房として、仙台堆朱を作り、その伝統技術を守り伝えています。
関連URL http://www.tsuishu.net/index.html

◆展示場所
仙台堆朱製作所
 ※平成27年3月23日より店舗・工房移転予定。






2017 クリスマスギフト特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook