JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品島根県

島根県
工芸品の分類 木工品
工芸品名 木地人形

主要製造地域:島根県




《特徴》
曲線を生かした独特の風合いの木の人形。これらは「木地人形」と名付けられた、島根県に伝わる伝統工芸品の一つです。
ミズキ、アオハダといった木材をロクロを用いて形づくり、一つ一つを丁寧に絵付けをしていきます。出雲神話にちなんだ「恵比寿大黒」や「大国主命と須勢理姫」をモチーフにした人形や、木地雛や五月人形などが作られ、どれも木のぬくもりや優しい手触りが魅力的です。

木を素材としたものは、それを手にした人が育てていくもので、形ができたばかりの時は、まだ完成ではないのかもしれません。
大事にすれば大切にすればするほど、艶が出て、また違った木の色が出ます。
年月が経てば経つほど、不思議と表情が良くなっていきます。
きっとそれが木の「あたたかさ」と言われる所以なのかもしれませんね。

[ 島根県ふるさと伝統工芸品 ]
提供 : 吉や 様

素材 ミズキ、アオハダなど
製法・工法 【1】 水取り
原木を乾燥させます。

【2】 荒けずり
木材を作品に合わせ、大きさや形をけずって整えます。

【3】 ロクロ仕上げ
木工ロクロを使い、丁寧にけずって形を調整していきます。

【4】 絵付け
作品に合わせ、手作業で色付けを行います。
歴史 宮城県鳴子町の伝統こけし職人である岡崎才吉・仁治に師事していた松谷伸吉が、昭和60年より大社町にて創作を開始したのが始まりと言われています。

作品はいずれも、東北地方の伝統工芸である「こけし」のロクロ技法が取り入れられ、その種類は地元の出雲神話にちなんだものが主となっています。

他にも木地雛や五月人形など、飾り物として県内外で人気が高まってきています。
材料は、木目が美しい木材などが使用され、島根県でとれるものを使って作られています。

製作は全てが手作業。
熟練の人形職人が、木工ロクロで形成した人形に墨や染料で絵付けすると、美しい木地人形が誕生します。
関連URL http://www.kichiya.jp/index.html

◆展示場所
吉や
 〒699-0733 島根県出雲市大社町菱根655-1
 TEL&FAX : 0853-53-4080
 営業時間 : 10:00~17:00
 定休日 : 水、木



◆イベント開催
吉や
 出張展示販売なども行っています。
 詳しくはこちらをご覧下さい。


2017 クリスマスギフト特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook