JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:336件


都道府県

総数:336件

伝統工芸品京都府

京都府
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 京版画

主要製造地域:京都府




《特徴》
江戸時代に日本独自の素材と手法を駆使して、
広く民衆に愛され、流布した浮世絵木版画は、別名江戸版画とも呼ばれていますが、
これは版画が江戸に起源するという意味ではありません。

優れた画家をはじめとする芸術家の殆どは、京都が活躍の場であり、彼らが生み出した芸術作品は多く、数えきれないほどです。
家康によって江戸に幕府が移され、ここを生活の拠点とする人々が多く増えましたが、
文化芸術面でのルーツは京都であったと言われています。

また、出版物の中で高名なものに、本阿弥光悦の「嵯峨本」などがあり、
デザイン本としても京版画は素晴らしい作品を残してきました。

京版画の得意とする胡粉摺・雲母摺等の技術は、京版画以外の伝統工芸・芸術とともに、京都の風土に合わせ発展してきた技術です。
その技術を持って最近では、岩絵具を使った木版画も作成されています。

伝統木版画は、絵師・彫師・摺師の共同作業によって制作されています。
一つの道を一人が極め、三つの道が結ばれる事によって、素晴らしい作品が出来上がります。

[ 京都府伝統工芸品 ]
提供 : 京都版画出版協同組合 様、京都伝統工芸協議会 様

素材 版木
製法・工法 京版画の製法

【1】 版下絵(原画)

【2】 地墨写し

【3】 骨版彫り

【4】 骨版摺り

【5】 色挿し

【6】 色版彫り

【7】 校正摺り

【8】 本摺り

写真付きの詳細はこちら

歴史 木版印刷は、飛鳥時代に百済(朝鮮)から仏教が伝えられた時(6世紀半ば)、一緒に伝来した経文印刷用の文字木版に端を発します。

その時、添えられていた仏像の簡単な輪郭摺り用の版木がヒントになって、基礎となる木版画が生まれました。

京版画は、その時代より受け継がれた、京都での木版画です。木版画には宗教・実用・美術等、様々な種類があり、多くの場所に使用されてきました。

そして、後世欧米人を仰天させ、「世界芸術の殿堂」入りを果たした浮世絵木版画へと発展していったのです。
関連URL http://www.kougei-kyoto.jp/kougei/hanga.html

◆イベント開催
京都伝統工芸協議会
 工芸展等開催しております。
 詳細はこちら


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook