JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:336件


都道府県

総数:336件

伝統工芸品愛知県

愛知県
工芸品の分類 陶磁器
工芸品名 犬山焼

主要製造地域:愛知県




《特徴》
江戸時代、自給自足が基本となっていた諸藩の殖産興業策によって、各地に国焼といわれるような焼物が数多く誕生しました。「犬山焼」もまた、このような「国焼」の一つと考えられています。

また、「犬山焼」の大きな特徴として、『雲錦手(うんきんで)』と『赤絵(あかえ)』という絵柄の特徴があります。

『雲錦手(うんきんで)』とは、1つの器に桜と紅葉の文様を同時にとりあわせ描かれたものです。「吉野山の桜は雲かとぞ見え 竜田川の紅葉は錦の如し」意からきているとも言われています。

一方の『赤絵(あかえ)』とは、古くは中国から伝わったとも言われ、想像上の鳳凰や草花などが描かれたものです。


[ 愛知県指定郷土工芸品 ]
提供 : 犬山市観光協会 様

製法・工法 ろくろを使用した場合

【1】 成形
最初に土のかたまりをろくろ板に置き、中心を出します。両手で包み込めるぐらいの大きさの円柱をつくり、中心に親指で穴をあけていきます。その穴を外側へ広げ、小鉢のような形にします。
小鉢の形の側面の部分を上へ薄くのばします。その後、お皿なら外へ広げ、湯のみなら細くしたりして形を整えていきます。器の形が決まったら口の部分を滑らかにして、最後に器の部分と下の土を切り離して出来上がりです。

【2】 削り作業と乾燥
成形が終わったら、削り作業を行います。その後、乾燥させます。

【3】 焼成(1回目)
乾燥後、約800℃で1度目の焼成を行います。

【4】 仕上げ
1度目の焼成が終わったら、絵付けを行います。絵付が終わった後に釉薬がけをして仕上げます。

【5】 焼成(2回目)
約1,230℃で2度目の焼成をします。焼きあがったら完成です。
歴史 犬山焼は、江戸時代の初めごろ、犬山市東部の今井に窯を築いたのが始まりとされています。

現在も残っている「今井窯」では、瀬戸風の飴色釉や黒色釉を施し、主に日用品として生産されていましたが、80年ほどで廃窯してしまいました。

それから20年ほど経ち、犬山市北部の丸山に窯が築かれ、近世犬山焼は京都や瀬戸、名古屋などから陶工・画工(職人)を招き、「赤絵」を描くようになりました。

また、当時の犬山城主により「雲錦手」とよばれる、桜と紅葉をとりあわせた文様も描かれるようになりました。
関連URL http://inuyama.gr.jp/

◆展示場所
犬山焼窯元 後藤陶逸陶苑
 〒484-0081 愛知県犬山市犬山字相生14  
 TEL : 0568-61-0578
 (犬山焼の販売・製作体験ができます。作成体験は要事前予約)



尾関作十郎 相生陶房
 〒484-0081 愛知県犬山市大字犬山字相生13  
 TEL : 0568-62-2635
 (犬山焼の販売・製作体験ができます。作成体験は要事前予約)

◆イベント開催
犬山焼窯元 後藤陶逸陶苑
 作成体験は要事前予約。

尾関作十郎 相生陶房
 作成体験は要事前予約。


2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook