JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:333件


都道府県

総数:333件

伝統工芸品福井県

福井県
工芸品の分類 竹工品
工芸品名 越前竹人形

主要製造地域:福井県




《特徴》
「越前竹人形」は、全国有数の雪国である福井県の伝統工芸品です。厳しい寒さに耐えた良質の真竹や孟宗竹に恵まれており、これらの竹を利用して籠や花器などが古くから作られています。
竹は、あらゆる植物の中でもっとも成長が早く、福を招き厄を除くものとして、門松や地鎮祭などには、なくてはならない存在です。職人さんたちは、このような縁起の良い竹を生かし、招福の願いを込めて竹人形の制作に励んでおられます。

[福井県指定郷土工芸品]
提供 : 越前竹人形協同組合 様

素材 真竹、孟宗竹、煤竹及び女竹、虎竹、雲紋竹、胡麻竹
製法・工法 「越前竹人形」の最大の特徴である髪は、美しい日本人の黒長髪をつややかに製作しています。材料は真竹(マダケ)で、太さ0.2mm以下に割き続け、1体に約5,000~7,000本を使用・植え付けます。「髪は女の命」、美しくも個性ある人形を製作します。
また、乾燥させた竹は硬く加工しにくいものです。ですから、そうせざるをえない話ですが、自由自在にならないからなお、竹を見極めたい面白さもあるのです。竹は人間の指紋と同じで、同形はありません。筒形には楕円もあれば真丸もあり、節も形状が違います。天に向かって伸びているが、反れながら成長していくものですので、その天然竹を理解する、素材に手を加えすぎない、が製作の原点です。
歴史 「越前竹人形」は昭和27年頃、師田保隆・三四郎兄弟が、竹の切れ端を利用して竹人形ができないものかと、色々試作し、永平寺雲水人形、勧進帳や藤娘、音楽人形等を作ってまいりました。

その結果、昭和30年には「全国竹製品展」において、中小企業庁観賞を受賞、また「全国新製品展」においては、農業経済局長賞を受賞するなど、福井県の新しい特産品として業界の注目を集め、全国に知られるようになりました。
関連URL http://www.takeningyo.com/index.html

◆展示場所
越前竹人形の里
 (越前竹人形の展示・製作体験・販売をしています)
 〒910-0331 福井県坂井市丸岡町上久米田63号1番地  
 TEL : 0776-66-5666






2017年爽やか元気な夏雑貨メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook