JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品京都府

京都府
工芸品の分類 その他工芸品
工芸品名 京くみひも

主要製造地域:京都府




《特徴》
京くみひもは、平安時代より神具・仏具、武士の鎧兜(よろいかぶと)、刀の下げ緒など装身具や調度品に広く使われてきました。
現代では、主に帯締、羽織紐など和装用として用いられるほか、アクセサリーなどの新しいものもあります。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 京都府商工労働観光部染織・工芸課(特徴・歴史・工程) 、一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会 様(製法・工法)

素材 生糸、玉糸若しくはこれらと同等の材質を有する絹糸、綿糸又は金糸若しくは銀糸
製法・工法 京くみひもは平安時代に始まると伝えられ、江戸時代には産地形成をしています。
絹糸、金銀糸等を使用して江戸時代からの丸台、角台、高台、綾竹台、籠打台などの組台でひもを組み、京の文化に培われた優美な趣きのある製品を生産しています。
美しく染め上げられた絹糸、その一筋一筋が交わり合い、紐独特の風合いと、味わいを醸しだします。
古来より脈々と継承されてきた技法です。 その特徴は京の文化に培われた優美な趣のある作風に見られます。
現在では社寺・服飾・帯締・鎧兜・刀の下緒などさまざまな箇所に使われ、用途に応じた組み方は3500種類にも及びます。


◆工程

【1】 糸割(いとわ)り
糸割りは、必要となる絹糸を必要な分だけ仕訳ける作業です。
糸を秤にかけ、作ろうとする紐の本数分を目方で分けていきます。
ここで使用される糸は、生糸、玉糸、もしくはこれらと同等の材質を持つ絹糸、綿糸、金糸、銀糸とされています。

【2】 染色
染色の工程では、作ろうとするくみひものデザインにそって、色見本に忠実にムラなく染め上げていきます。
染料の調合を加減し、糸を浸す、この作業を繰り返しながら色の濃淡や深みを表現していきます。
デザインによってはぼかしの表現も行います。
これは熟練を要する緻密な作業なのでこの染色の部分は専門の染め屋に外注に出されます。

【3】 糸繰(いとく)り
糸割り、染色したかせ糸を座繰(ざく)り、糸繰り機で小枠(こわく)に巻き取ります。

【4】 経尺(へいじゃく)
経尺工程では糸繰りされた糸をさらに経尺枠に巻きとっていきます。
経尺枠の外周は4尺(120.12cm)あり、帯〆一本にようする長さ8尺(240.24cm)の半分、枠を回しながら組み上げに必要な長さと本数を整えます。

【5】 撚(より)かけ
経尺で糸の長さと重さを合わせた糸は、八丁撚糸機というよりかけ車を使ってよりをかけます。

【6】 組みあげ
各組台と製組機によって美しい組紐を組み上げていきます。
組紐は、大きく分類すると、丸組紐、角組紐、平組紐の三種に分けられます。
組台には、丸台、角台、綾竹台、高台の四種類が今日では一般的で、組台はそれぞれ特徴を持っているので、組紐の種類に応じて使い分けます。

【7】 仕上げ
組み上げられた紐は、両先の房付けにはじまる仕上げの工程におくられます。
一本一本手作業で糸を解し(ほぐし)、房目をしっかりと糸で結び、房は蒸気で湯のしされ、整えられていきます。
最後に、転がし台で組目を整え、美しい平組の帯〆が完成となります。
歴史 古代の縄文時代には、日常生活に簡単なくみひもが使われ、飛鳥・奈良時代に中国や朝鮮から技術がもたらされ、高度で複雑な工芸くみひもが生まれ、当時の遺品は、法隆寺や正倉院に収蔵されています。
平安・鎌倉時代になると、唐風から和風へ移り変わり、意匠は優美なものになり、服飾を飾る平緒や袖括(そでくくり)の緒、冠の緒、巻物、箱類、楽器、調度などにもちいられる様々な紐がつくられ、用途範囲が極めて広くなりました。

室町時代になると、茶道の隆盛により、仕覆(しふく)の緒や掛軸の啄木など、わび・さびの思想から意匠も比較的渋くなり、桃山・江戸時代には、庶民にも広がりました。
江戸時代には、組み方も多様になり、羽織紐、組帯などさまざまな技巧をこらすようになり、明治、大正、昭和と帯締、和装小物の世界に類のない美しい製品がつくられてきました。
関連URL http://www.pref.kyoto.jp/senshoku/kumihimo.html

◆展示場所
京都伝統産業ふれあい館
 〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1 京都市勧業館みやこめっせ 地下1階
 TEL : 075-762-2670 / FAX : 075-761-7121
 E-mail : 京都伝統産業ふれあい館
 会館時間 : 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
 休館日 : 夏季休館日(8/19~20)、年末年始(12月29日~1月3日)
 入場料 : 無料






2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook