JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:336件


都道府県

総数:336件

伝統工芸品新潟県

新潟県
工芸品の分類 織物
工芸品名 小千谷縮

主要製造地域:新潟県




《特徴》
小千谷縮は縦糸と緯糸を一本一本ていねいに織り上げていくので、生地の仕上がりもしなやかで優しく柔らかな肌ざわりです。

重要無形文化財の小千谷縮は、糸づくりから反物になるまで手間の多さから、ふた冬越しの製作になることも珍しくありません。量産がむずかしいこの小千谷縮の技術者が年々少なくなり、昭和30年、製作技術を守るため文部省により国の重要無形文化財に指定されました。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 小千谷織物同業協同組合 様

素材 原料は苧麻からとる麻糸で、盛夏用の和装着尺として知られています。
製法・工法 【1】 糸つくり
小千谷縮独特のシボを出すために、麻の緯糸に強い撚りをかけます。

[1-1] 糸の原料
麻のなかでも、多年性の草木「苧麻」を原料とします。

[1-2] 撚糸
小千谷縮独特の細かなシワである「シボ」を出すために、麻の緯糸に強い「撚り」をかけます。

【2】 絣つくり
柄を出すために、糸の段階で染色を行います。まず、選び抜かれた絵模様に基づいて定規をつくります。染色は、緯糸に定規の耳を合わせながら墨付けを行い、「すり込み」技法で模様付けを行います。

[2-1] 定規
絣つくりのための定規は、1680年代に登場しました。 図案にをもとに織巾や柄数などを設計し、定規をつくります。緯定規は薄い板(コバ)やボール紙を数十枚から数百枚、図案に必要なだけ積み重ね、重ね合わせた面を平に削り、その面に図案を写します。使うときは1枚ずつわけ、糸にあてながら染色の基とします。

[2-2] 絣つくり
緯糸をピンと張った状態のところに、緯定規を一枚ずつあて、布の巾の両脇になる印「耳印」を合わせながら、糸上の色の変わり目に墨で印をつけていきます。墨付けが終わると、染料に糸を浸しますが、このとき、色をつけたくない部分を別の糸で固くくくり、染色を防ぎます。これを絣くびりといいます。 従来の絣つくりはこのような「くびり絣」の技法がすべてでしたが、その後、織模様の多色化、複雑化により、染色液に浸すのではなく、多色の染料を一度に糸にすりこんで染める「すりこみ絣」の技法が取り入れられ定着してきました。これによって、精緻な絣模様が自在に駆使できるようになりました。

【3】 織り
準備された経糸に、模様付けされた緯糸を1本1本柄を合わせながら、たんねんに織り上げていきます。 

[3-1] 機織り
縞や絣などさまざまな模様が織り出されるようになったのは、1670年以降です。伝統的工芸品 小千谷縮は、主として緯糸の絣を駆使して模様を織り出すという特色を持ち、織機にかけた経糸に、緯糸を一本一本通すたびに織巾に絣つくりで印をした耳印(布の両側の印)を合わせながら模様を織り出していくという、根気のいる仕事です。
近年は高機のかわりに力織機も導入されていますが、緯糸を一本通すごとに耳印を合わせ、絣合わせをしながら織る方法は江戸時代から変わっていません。

【4】 仕上げ
木舟にぬるま湯を入れ、布を手でもみながらシボ出しを行います。その後、雪で晒し風合いと光沢をだします。

[4-1] 湯もみ
木製の水槽に微温湯を入れ、反物の全長をまんべんなく手でもみ、シボ出しを行うと、平坦だった布の巾は縮み、縦方向に細かなシワが生まれます。工程は、江戸時代からほとんど変わっていません。

[4-2] 雪さらし
白縮は、すすいだあと雪の上にのべて晒します。すると、布は雪のように純白になります。晒し終わった布はシボを整えて乾燥させます。この、雪さらしの風景はきれいな雪と強い日差しがある2月末から3月に見られていますが、加工技術の発達と自然環境の変化により少なくなってきています。
歴史 この地で織物が始められたのは千数百年前といわれており、種々の立地条件と自然条件に恵まれて発展してきました。

当時の織物原料である良質な野生の苧麻(ちょま)が豊富にあり、畑地の栽培も行われていました。室町時代には全国でも重要な産地になりました。 この皮を「苧績み(おうみ)」と言う作業で糸にし、織られた織物が越後布(えちごふ)と呼ばれ、雪深いこの地方の農家の自家用衣料として生産され、次第に商い用の布として使用されるようになりました。

それまでは上布と呼ばれ、表面の平らな織物ばかりでしたが江戸時代の初めに改良され、初めて緯糸に強い撚りをかけ、織り上げた後に小千谷独特の「シボ取り」と言う工程で仕上げをし、縮ませてシボを出す夏向きの着尺として、快適な縮布が作りだされました。 「シボ」を表現することが、従来の麻布に画期的な成果をもたらし、「小千谷縮」と呼ばれて、完成後わずか10年たらずの間に、魚沼地方一帯に広く普及し、小千谷、十日町、南魚沼市(塩沢、六日町)の現在の織物産地を形成する基になりました。
関連URL http://www.ojiya.or.jp/cloth/tijimi/

◆展示場所
小千谷市総合産業会館サンプラザ
 〒947-0028 新潟県小千谷市城内1丁目8番25号
 TEL : 0258-83-4800
 入館料 : 無料
 開館時間 : 9:00~18:00(※冬期は17:00まで)
 休館日 : 12月29日~1月3日(※但し織物工房織之座・ショップ匠之座は毎週水曜定休日)






2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook