JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:336件


都道府県

総数:336件

伝統工芸品佐賀県

佐賀県
工芸品の分類 和紙
工芸品名 肥前名尾和紙

主要製造地域:佐賀県




《特徴》
丈夫な名尾和紙をつくるには、名尾地域内の山で自家栽培した良質な原木を使い、さらに原木を蒸して柔らかくし、清流で洗いアクを抜いた後に、小さな埃を丁寧に取るなど、人の手でなければできない細やかな作業を繰り返すことにより、ようやく手漉きできる状態になります。

特徴としては、繊維の長い梶の木で作った手漉き和紙で、質が緻密で色沢があり、耐久力の強さが評価され、提灯紙・障子紙・ランプシェードなどをはじめ、今では民芸品・インテリア用品など幅広く使われ、高い評価を得ています。

[ 佐賀県重要無形文化財 ]
提供 : 佐賀市役所 様

素材 梶の木
製法・工法 【1】 梶刈り取り
落葉した梶の木を1本1本切りそろえ束ねます。

【2】 梶蒸し
大釜に入れて蒸します。

【3】 皮はぎ
蒸した梶を熱いうちに皮をむきます。

【4】 梶干し
皮をむいた梶を日光で乾燥させます。

【5】 梶ふみ
3~4日間、川で汚れを洗い流してさらします。

【6】 黒皮取り
川で洗い流せなかった黒皮や芽など、包丁で取り除き白皮にします。

【7】 梶煮(しゃじゅく)
白皮を大釜で煮て、柔らかくします。

【8】 梶洗い(チリ取り)
煮上がった梶を水にさらし、黒皮の残りや不純物を取り除きます。

【9】 打解
繊維をほぐすため1時間ほど叩き、撹拌機で繊維状にします。

【10】 紙漉き
漉き船とよばれる水槽に、水・原料・トロロアオイという植物から取り出したねりを調合し、紙を漉きます。漉いた紙を、1枚づつ積み重ねます。

【11】 圧搾
積み重ねた紙を1日かけて圧搾、水を絞り出します。

【12】 紙干し
圧搾した紙を1枚づつ、乾燥板に貼り、乾燥させます。

【13】 選別
出来上がった紙を1枚づつ選別し、そろえます。
歴史 名尾和紙の名は古くから広く知られていますが、その由来をたどれば今から300年以上昔にさかのぼります。

元禄年間、納富由助翁が僧日源の元で製紙法を5年の歳月をかけて習得した後、元々山地のため農業の生産性も低いことから、製紙業を全村挙げて広めたのが始まりです。

その後、道具や技術の向上やその振興に力を入れたことにより、品質や生産量が高まり、九州製紙業界にその名を知られるようになりました。
関連URL https://www.city.saga.lg.jp/main/14711.html




2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook