JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:337件


都道府県

総数:337件

伝統工芸品和歌山県

和歌山県
工芸品の分類 木工品
工芸品名 紀州箪笥

主要製造地域:和歌山県




《特徴》
江戸時代末期には現在の和歌山市において箪笥の製造技術が確立し、生産が行われていたと考えられます。

明治時代には、大阪圏の需要を満たす地廻り産地として発展を続けると同時に、地元需要も増加しました。
特に、明治34年に南海鉄道が開通し、大阪への貨物輸送が可能となったこともあり急に発展していきました。

その後、第2次大戦後の混乱期を脱した、昭和28年頃から5~6年間は、ほとんどの工場が桐箪笥の製造に移行しました。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 紀州桐箪笥協同組合 様

素材 桐・ウツギ・銅・銅合金・鉄
歴史 紀州における箪笥造りの起源は定かではありませんが、紀州徳川家の歴史をつづった「南紀徳川史」によりますと、弘化3年(1846)和歌山城は落雷のため、天守閣その他が炎上し、多くの道具類と共に灰と化しました。

嘉年3年(1850)に天守閣が再建され、また、同時に長持等の道具類も製作されなおしたという記述があります。
このことから、当時和歌山城下には長持等の箱物を製作する技術があったことがうかがえます。

一方、紀州における箪笥造りに関する記録としては和歌山県粉河町・曽和家から発見された、天保15年(1844)、嘉年6年(1853)、安年3年(1856)の婚礼仕度にかかる古文書の中に「四月末、手たんす壱本若山にて買、代捨5匁5分」(若山は、現在の和歌山市)とあり、当時すでに箪笥は武家以外の階級社会でも婚礼調度品であったことがわかります。
明治、大正時代から昭和にかけて新通りが家具屋街であったことと符号します。

また、万延2年(1862)川合小梅が「小梅日記」の中で「三丁目へたんす見に行く」の旨の記述をしています。

違例としては、金具等の仕様からみて江戸時代に製造されたと推定される箪笥は、重要文化財に指定されている和歌山県岩出町・増田家、または、紀州藩菩提寺長保寺、和歌山県湯浅町の商家等から発見されています。
また、19世紀初頭から造られていたと推定される他産地に見られない特有の型の箪笥(仮称:和歌山県型)も数点発見されています。
関連URL http://www.chuokai-wakayama.or.jp/kishutansu/

◆展示場所
和歌山地域地場産業振興センター
 〒640-8443 和歌山県和歌山市延時13-4
 電話 : 073-452-2011 / FAX : 073-453-1304






2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook