JTCO
NPO法人日本伝統文化振興機構は、日本の伝統文化の継承・創造・発展のための活動を行っております。
伝統工芸館 カテゴリ

総数:335件


都道府県

総数:335件

伝統工芸品山形県

山形県
工芸品の分類 織物
工芸品名 置賜紬

主要製造地域:山形県




《特徴》
国の伝統的工芸品に指定されている「置賜(おいたま)紬」は、米沢・長井・白鷹に伝わる紬の総称です。

養蚕を行い、糸を紡ぎ、染め、織りへ。
鷹山公が織物政策を始めて40年後、米沢藩は全国有数の織物産地に成長しました。

[ 国指定伝統的工芸品(経済産業大臣指定) ]
提供 : 山形県工業振興課 様、置賜紬伝統織物協同組合 様

素材 生糸・玉糸・真綿のつむぎ糸
製法・工法 栽培から完成まで、1年3ヵ月の歳月には自然の恵みを通したものづくりの原点があります。
種蒔きから染織まで、すべてを自分たちの手で行う「山形紅花染」その工程を簡単に紹介します。

【1】 畑づくりから種巻き、栽培まで
畑を耕し、4月上旬から中旬にかけて種を蒔きます。
芽が出て成長してきたら、何度か葉を間引きし、高さが20~30cmになったら土寄せし、支柱を立てます。

【2】 紅花摘み
7月上旬から中旬、アザミに似た鮮黄色の花が咲き、赤みを帯びてきたら、朝露で刺が湿って柔らかいうちに、花摘みをします。

【3】 水揉み
摘み取った花びらを水に浸してもむと、花の色が黄色からオレンジ色に変わります。
これは、もともと紅花にある、水に溶けやすい黄の色素が分離し、溶けにくい紅の色素が多く残るためです。

【4】 発酵と杵つき
乾燥後、発酵させると、残った紅の色素が増えます。
さらに紅色を増やすため、臼に入れて杵でつきます。

【5】 紅餅づくり
ついた紅花を丸め、「紅餅(べにもち)」を作ったら、乾燥させます。
これは、運搬しやすくすることと、染料の量を調整しやすくすることが目的です。

【6】 色素の抽出と染色
紅餅を灰汁(あく)に浸すと、紅色素が溶け出すため、それに糸を浸けて染めます。
その段階ではオレンジ色に染まるため、さらに酸を加えて赤味を引き出します。
この工程を、目標の紅色になるまで何度かくり返します。

【7】 織る
染め上がった糸を使い、さまざまな置賜紬を織ります。
歴史 置賜地方の米沢・長井・白鷹近郊は、江戸時代初頭から、織物の原料となる青苧(あおそ)を栽培して越後方面に出荷する原料生産地でした。
江戸後期の9代藩主上杉鷹山公の時代になると、自給自足の織物産地を目指して、青苧を使った織物づくりを開始。
肌になじむ麻織物を作るため、越後から職人を招き、縮織(ちぢれおり)の研究を行いました。
凶作によって青苧織を中断した後は、領内に桑を植え、養蚕を奨励し、「絹織物生産」へと方向転換します。

全国有数の絹織物産地に成長した置賜地域も、戦中・戦後を経て、大きく変化しました。
素材は化学繊維や輸入品へ、織り技術も機械化へ。
その一方で、昔ながらの草木染を手織りで行う染織家が米沢・長井・白鷹、各地に存在していました。
昭和49(1974)年、国が伝統的工芸品を保護する「伝産法」を交付したことをきっかけに、そうした紬を「置賜紬」と名付け、保護、発展させようという動きが起こります。

米沢、長井、白鷹の各織物組合は、具体的にどの紬を置賜紬に指定するか検討しました。
そして選ばれたのが、米沢織の「草木染」、長井紬の「緯総(よこそう)絣・経緯併用(たてよこへいよう)絣」、白鷹紬の「板締小絣」です。
同時に、その技術を持つ12社が集まり、新たに置賜紬伝統織物協同組合を発足。
昭和51(1976)年、それぞれの地で発展した伝統紬は「置賜紬」として、国の伝統的工芸品指定を受けるに至りました。
関連URL http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110010/kogeihin/sp04-1.html




2017年秋色&新商品特集メルマガ会員募集郷土料理全国伝統工芸品フォトギャラリー掲載協力団体、企業一覧英語翻訳ボランティア募集歴史レポーターボランティア募集歌舞伎座木挽町広場催事出展者募集JTCO@Facebook